意思決定と思考法【直観(直感)と論理】

私たちは普段、脳を使って思考して生活しています。

寝ている時以外は常に思考し続けているといって過言ではありません。

にもかかわらず、思考について教わる機会が滅多にありません。

そこで今回の記事では「思考」について簡単にわかりやすくご説明したいと思います。

 

私たちは朝起きてから寝るまであらゆる思考を行なっています。

資格試験のための勉強、料理のレシピを考える、メールの文面を考える・・などなど。

多くの時間を私たちは思考に費やしています。

思考をフルに発揮しているときはどんなときでしょうか。

例えば、意思決定です。

何を食べるか、どの電車に乗るかというちょっとしたものから、進路選択や結婚相手の選択など多くの選択をしています。

意思決定は私たちの人生に多大な影響を及ぼしています。

そこで意思決定という観点から私たちの思考というものを探っていこうと思います。

思考に2つの種類がある!(直観性と合理性)

コロンビア大学ビジネススクールで教えるアイエンガー氏によると私たちは一日に平均して70回も意思決定を行なっているようです。

その意思決定の基礎になっているのが2つの思考法です。

これまで多くの経済学者、心理学者らが思考について研究してきました。

それによると私たちはアクセルとブレーキに相当する2つの思考法を使い分けているというのです。

2つの思考法

①早い思考

②遅い思考

これらを私たちに使い分けて選択しているんですね。

早い思考とは

早い思考とは、簡単に言いますと直観です。

例えば、レストランに入りぱっとメニューを見て「あ、これにしよう!」と決めたときなどは直観を使っています。

他にも、人物を判断するときにも「この人は良さそう(悪そう)」と判断するときも直観を使っている人も多いかと思います。

このように早い思考は時間もかからず、時に便利な思考です。

ところが、早いだけに間違いを起こしたりしやすいんですね。

次の問題に答えてください。

いまかけっこをしています。3位の人を抜かしました。あなたは何位でしょう?

直観では3位の人を抜かしたのだから2位と答えそうです。

答えは、3位。

3位の人を抜かしたので「3位」となります。

このように、うっかりミスを犯したり、いつも同じ選択をしがちになるというバイアス(偏り)がかかった選択をしてしまうという特徴があります。

そこで次の2つ目の思考法が重要な役割をはたしているのです。

遅い思考とは

遅い思考は、論理的思考とも言い換えることができます。

早い思考と違って「ゆっくり、じっくり」とした思考法です。

数学の問題を解いている時をイメージしていただければわかりやすいかと思います。

この遅い思考は、私たちの意思決定においてブレーキの役割を果たしています。

先ほどの例で言いますと、レストランに入りメニューを見るや否や「あ、これにしよう!」と閃いたとします。

それが、美味しそうなパンケーキだっとしましょう。

ところが、ここ数日カロリーオーバーの日が続きダイエット中だとします。

となると、「今日はカロリーを控えたいから別のものにしよう」と考えるかもしれません。

また、かけっこの例では、一瞬2位と閃きました。しかし、ちょっと冷静になってみると3位の人を抜かしたのだから3位であるとわかります。

このように、ブレーキをかける役割がこの遅い思考なのです。

本日の記事のまとめ

私たちの意思決定には思考法が重要な役割を果たしています。

これまでの研究によると思考法には①遅い思考と②早い思考の2つの思考法があることがわかりました。

私たちは、日頃この思考法を使い分けて生活を円滑に送っているのです。

まさに車のアクセルとブレーキの関係ですね。

車はアクセルとブレーキがないとうまく車として機能しないように私たちの思考も同じような構造になっているのです。

よくできていますね。

本日もお読みいただいありがとうございました。

—————————————————————————–

いつもブログをお読みいただきありがとうございます(^^)

個人セッションを承っております。

対面オンラインorメールによるセッションです。
カウンセリング・コーチング心理学の技術を使ったセッションです。
本分野の教科書を執筆し、専門的知見を持った本人から直接受けられます。
※人数限定。多忙なためスケジュールは限られてしまっておりますが、極力お客様のご都合に配慮いたします。
お気軽にご相談ください。

関連記事

個人セッションでは、カウンセリングやコーチングなどの専門的な技術を用い、クライアント様の問題解決を図ることを目的としています。主に、次のような方を対象としています。 達成したい目標がある。しかし、モチベーションが続かない([…]

無意識思考オンラインプログラム

「無意識思考ができているかわからない」そんなあたなに向けた世界初、無意識思考測定プログラムです。
ご自宅に居ながらパソコン一つで可能です。

関連記事

みなさんは、お仕事や日常生活でこのようなお悩みはありませんか?・もっと創造性、クリエイティビティを高めたい・斬新なアイデアを得て独立したい・進路選択、住宅購入、結婚相手の選択など難しい意思決定で後悔したくない[…]

各種講演依頼

現在のところ、オンライン講演のみ承っております。

関連記事

これまでの研究成果と実務経験を踏まえた講演活動を行なっております。私の講演は10代の高校生から80代の経営者まで幅広い層を対象としております。講演の特徴学術領域とビジネス実務の両方の観点からお話させていただいております。[…]

 

書籍のご案内(大好評発売中!)

予想を当てる科学的方法

タイトルの通り予想を当てたい、科学的方法について知りたいという方向けに書かれた本です。


予想を当てる科学的方法 脅威の無意識思考®シリーズ

スピリチュアル&ビジネス書が教える成功法則は本当か?

スピリチュアルやビジネス書で「直観に従え」という話があります。
直観に従えば成功できるのでしょうか。
本書にはそのヒントが書かれています。


スピリチュアル&ビジネス書が教える成功法則は本当か?

Third Thinking 最先端の脳科学・心理学が証明した最強の思考法(あさ出版)

無意識思考®の存在を世に知らしめることになった一冊。
意思決定力の向上、創造性アップ・・等これからを生きる全ての方におすすめできる本です。

この本は韓国でも翻訳出版されています!!

学校の勉強は何の役に立つのか?

分数の計算、微分積分、古典文法など学校ではたくさんの勉強をしますがこれらはあなたの人生に役立ったでしょうか。
恐らく役に立っていないでしょう。それでは、なぜ、勉強する必要があるのでしょうか。あなたの知らない隠れたカリキュラムがその答えです。


学校の勉強は何の役に立つのか?

コーチング心理学者による 皮膚むしり症 やめたいあなたへ 基礎編
皮膚むしり症に特化した国内初の本格的な克服本。
基礎編では皮膚むしり症の概要、私自身の克服体験など余すことなく記述されています。


コーチング心理学者による 皮膚むしり症をやめたいあなたへ 基礎編

コーチング心理学者による 皮膚むしり症 やめたいあなたへ 実践編

こちらは皮膚むしり症をやめるための具体的な戦略が書かれています。
ワークや食事法など克服のためのアイデアが豊富に掲載されています。


コーチング心理学者による 皮膚むしり症をやめたいあなたへ 実践編