CATEGORY

メンタルヘルス

自分の外側の情報に影響されない

私たちはどうしても外部の出来事に一喜一憂してしまいます。 何かがっかりしたことが起きると、当然気分も落ち込みます。 自分に直接的に関係ないことであってもうです。   私の場合はメジャーリーグが好きなので、大谷翔平選手を応援しています。 今日の試合は7回1失点の好投でした。 100年ぶりの記録がかかった試合でしたので、勝てば偉業達成です。 日本時間の朝5時からの試合だったので、昨夜から結果 […]

「気にしない」ができない人へ【HSP・神経症】

「くよくよするなよ」 「気にしすぎだって」 「なるようにしかならないよ」 相当「気にしい」の性格のためよく言われた言葉です。 他にも、「神経質だ」とか「もっとおおざっぱに」とかもありますね。 まず、飛行機内でまともに眠れたことがありません。 長時間の高速バスや新幹線でも同じです。 何かの物音や人の感情が気になってしまうと、そこに注意が行くため、どうしても注意散漫になってしまいます。 冗談で言われた […]

「後悔先に立たず」をどうすればいいか悩む(解消・克服)

「なんであんなこと言っちゃたんだろう」 「もっとこうしとけば良かった」 「またやってしまった」 後悔先に立たずとはいいますが、誰しも後悔してしまうことはあることです。 クヨクヨするな、と言われるほど、どんどんドツボにハマってしまいます。 しまいには、こんなにクヨクヨする自分に嫌気が指し、一層ネガティブに陥ることもあります。 私もよく後悔することがあります。 あの時こうしておけばよかった・・・なんて […]

コロナでメンタル不調の方が増加しているようです【対処法】

新型コロナウイルスの影響は、ウイルスそのものより経済的・心理的打撃が大きいようです。 人と会えない、家に籠らなければならない。 経済的に困窮してきた。 理由は様々です。 問題解決のためにいろいろとアクションを取りたいところですが、そもそも行動自粛を要請されているためこれもできない。 どんどん気持ちがふさぎ込んでくるのもわかります。 では、どうするか。 まずは、きちっと現状を認識する必要があります。 […]

「皮膚むしり症 やめたいあなたへ」の実践編が発売となりました

お陰様で基礎編が多くの方に読まれるようです。 ありがとうございます。 実践編が発売となりました。 こちらはより具体的な克服法が書かれています。 多くの方のお役に立てますと幸いです。 コーチング心理学者による 皮膚むしり症をやめたいあなたへ 実践編   —————————— […]

「コーチング心理学者による 皮膚むしり症 やめたいあなたへ」発売

皮膚むしり症克服に特化した電子書籍が発売となりました。 これまでの記事に書いてきたように、私は皮膚むしり症で20年以上苦しんできました。 ある時、皮膚むしり症の関するコーチング本に出会い、それを実践する過程でいつしか克服に至りました。 SNSを見る限り皮膚むしり症で苦しんでおられる方は多数いらっしゃるようです。 ブログでの発信を続けてきましたが、まとまった書籍のような形のほうが読みやすいかと思い電 […]

【とにかくやめたい】皮膚むしり症・皮膚摘み取り症・スキンピッキングの克服法(5)

前回の続きです。 今回から、いよいよ本題に入ります。 具体的な治し方、治療のエッセンスとなります。 スキンピッキングの良い点・悪い点を書き出す 自動的に行われるスキンピッキングという習慣を打破するためには相当の注意力が必要となります。 注意力なしではこの強固な習慣を打破することなどできないでしょう。 まず、どんな状況でいかなる心理状態の時にピッキングをするのでしょうか。 そして、有効な戦略を練る必 […]

【とにかくやめたい】皮膚むしり症・皮膚摘み取り症・スキンピッキングの克服法(4)

前回の続きです。 スキンピッキングについて科学的にわかっていることは少ない 実は、大多数の皮膚科医やメンタルヘルスの専門家はスキンピッキングの対処法について知りません。 スキンピッキングで苦しんでいる人は、その行為を恥ずかしいと思っています。 さらに、それを隠したいという気持ちが働くためかなり深刻であっても相談することが少ないのです。 そういったことがあり余計にスキンピッキングの科学については知ら […]

【とにかくやめたい】皮膚むしり症・皮膚摘み取り症・スキンピッキングの克服法(3)

前回の続きです。 スキンピッキングを止められるか否かはクライアントの心の準備次第 著者(=パステルナーク氏)によると、スキンピッキング治療の成否はクライアントの心の準備次第といいます。 つまり、クライアントが本当に変わりたい、止めたいという心持ちでいるかどうかということです。 これはスキンピッキングに限らずあらゆる治療に当てはまります。 コーチングの基本ともいえるでしょう。 つまり、クライアントが […]

【とにかくやめたい】皮膚むしり症・皮膚摘み取り症・スキンピッキングの克服法(2)

前回の続きです。     それでは、アネット・パステルナーク著『スキンピッキング』(原著:Annette Pasternak Ph D『Skin Picking: The Freedom to Finally Stop』)を参考に治療法について書いていきたいと思います。 もちろん、あまり詳しく書きすぎてしまうとネタバレになるだけではなく著作権上の問題も発生するため、参考程度に留 […]